「LINE Pay残高」は金額分あるはずなのに残高不足で決済できない? 「LINE Payボーナス」に注意

先日、スーパーでLINE Payカードを使って買い物したところ、レジで決済ができませんでした。LINE Pay残高が500円くらいで、そろそろチャージしなきゃ(オートチャージは設定していません)と思っていましたが、残高の範囲で間に合うくらいの買い物だったため、そのままレジに進みました。

LINE Pay残高はあるはずなのに残高不足で決済できない?


しかし、店員さんに「使えないカードです」と言われてしまいました。そこで、残高には「LINE Payボーナス」が含まれていたことを思い出しました。

「LINE Payボーナス」と「LINE Pay残高」がある

LINE Payで支払える残高には、「LINE Payボーナス」と「LINE Pay残高」があるのをご存知でしょうか。加えて「LINEポイント」もあり、用途によって使えるものと使えないものがあります。

LINE PayボーナスとLINE Pay残高、LINEポイント

「LINE Payボーナス」は、LINE Payカード、QUICPay+、LINEスマート投資(ワンコイン投資)、LINE ほけん、請求書支払い、Tappiness自販機、Coke ON Pay対応自販機では利用できません。また、出金することもできません。

今回、レジでLINE Payカードで支払おうとしましたが、LINE Payボーナスが含まれていたため、決済ができなかったのです。コード決済であれば、問題なく利用できました。

2019年8月から「LINE Payボーナス」に変更

LINE Payでは、前月の利用額によりバッジカラー(マイカラープログラム)が決まりますが、そのインセンティブとして付与される「LINEポイント」が、2019年8月からは「LINE Payボーナス」に変更になりました。

しかし、LINEアプリの「ウォレット」では、LINE Pay残高とLINE Payボーナスの合算値が表示されてしまいます。下記画像はクリック(タップ)で拡大表示します。

「ウォレット」(左)や「LINE Pay」(右)の画面ではLINE Payボーナスの残高が合算で表示されてしまう

実際にはLINE Pay残高が456円、LINE Payボーナスが62円、合計518円分ある状態で、LINEアプリでは上記のような不親切な表示です。

送金画面ではLINE Pay残高とLINE Payボーナスが区別して表示されている

送金画面まで進まないと「LINE Pay残高」と「LINE Payボーナス」が別々に表示されません。

「LINE Payボーナス」は付与終了へ

この現象についてLINE Pay運営側でも把握しており、現在も改善されていません。

2019年11月1日より、還元されるインセンティブは「LINEポイント」へ変更し、「LINE Payボーナス」の付与を終了することを発表しました。

これにより、今後は「残高があるのにLINE Payカードが使えない」といった現象はなくなります。なお、付与されている「LINE Payボーナス」は引き続き利用できます。

タイトルとURLをコピーしました