7pay(セブンペイ)が2019年9月末でサービス終了、未使用分は返金対応へ

7pay
セブン&アイ・ホールディングスは、セブン・ペイが運営するスマホ決済サービス「7pay」について、2019年9月30日をもってサービスを終了(廃止)すると発表しました。

2019年9月末でサービス終了

サービス終了の理由について、サービスを再開するためのセキュリティ対策には時間がかかるうえ、ユーザーの信用回復が難しいことなどをあげています。

7月31日17時現在の被害状況は、808人/38,615,473円で、被害金額の全てを補償するとしています。

全てのサービスが終了するのは、9月30日24:00です。チャージ残高の返金は10月以降の対応となります。

7payは2019年7月1日にサービスを開始しましたが、翌2日には不正利用、不正アクセスが発覚し、7月4日からは新規登録と全てのチャージ機能が停止しています。

  • 7月1日:サービス開始
  • 7月2日:ユーザーから「身に覚えのない取引があったようだ」と問い合わせ(第一報)
  • 7月3日:不正利用が発覚、ユーザーへ注意喚起
  • 7月4日:新規登録と全てのチャージ機能停止

既にチャージされている残高については現在でも利用できますが、実質的な提供期間は7月1日から4日までのわずか4日間となりました。

タイトルとURLをコピーしました