LINE Payマイカラープログラム、2019年8月からは「LINE Payボーナス」に変更

LINE Payでは、前月の利用額によりバッジカラー(マイカラープログラム)が決まりますが、そのインセンティブとして付与される「LINEポイント」が、2019年8月からは「LINE Payボーナス」に変更となります。

2019年8月からは「LINE Payボーナス」でインセンティブを付与

LINE Payマイカラープログラム

マイカラーは、前月の決済金額の実績により判定されます。判定基準は以下の通りです。

  • グリーン:10万円/月
  • ブルー:5万円~9万9,999円/月
  • レッド:1万円~4万9,999円/月
  • ホワイト:0円~9,999円/月

決済金額は、コード支払い、LINE Payカード、請求書支払い、オンライン支払いなど、支払い方法に関係なく「LINE Payの残高を利用した決済」としてカウントされます。

これまで、インセンティブとして「LINEポイント」で付与されていましたが、2019年8月以降は「LINE Payボーナス」での付与となります。付与率の変更はありません。

LINE Payボーナスとは?
LINE Payボーナスは、通常のLINE Pay残高と同じように利用することが可能ですが、LINE Payカード、QUICPay+、LINEギフト、請求書支払いなどでは利用できません。

また、出金もできません。LINE Payボーナスは、コード支払いやLINE STOREYでのスタンプ購入などで利用できます。

LINE Payポイントとの併用も可能で、LINE Pay残高がある場合はLINE Payボーナスから優先して利用されます。

なお、LINE Payコード決済のポイント還元3%上乗せは2019年7月をもって終了となります。

※自身のマイカラーは、LINEアプリ内の「LINE Pay」メイン画面の「マイカラー」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました